副業バイトの条件に一致するのはやはり新聞配達

header_logo

新聞配達の副業バイトをお勧めする理由

新聞配達なら本業に支障が出にくい

新聞配達なら本業に支障が出にくい

副業バイトを始めるとき、どんなところをポイントに仕事を探しますか?収入や勤務地、仕事内容など色々ありますが、副業である以上もっとも重要なポイントは「本業に支障が無い」ということでしょう。副業バイトを始めて、本業に支障が出てしまってはまずいですよね。新聞配達を副業バイトにすれば、その心配がありません。
新聞配達の勤務時間は、早朝と、夕刊の2つの時間帯があるので、本業に合わせて勤務時間を選ぶことができます。営業所によって多少違いはありますが、早朝は3時頃から、夕刊は15時頃からの勤務開始時間となります。どちらも勤務時間は2~3時間と、短い時間です。本業の勤務前、勤務後に、無理無く働くことができます。

時給アップは自分次第?

もともとの時給は決まっているものの、実はこれ、大体の目安なのです。新聞配達は、自分が頑張って早く配達を終わらせることが出来れば、終わり次第退勤していいことになっています。具体的に、どうしたら早く仕事を終わらせることができるのでしょうか。慣れてくると自然と配達スピードがあがってきます。
また、駆け足で配達するという、小さな工夫、積み重ねで、30分ほど時間を短縮させることが出来るようです。
勤務時間を30分短縮できれば、おのずと時給があがるというわけです。頑張れば頑張るだけ効率よく稼ぐことが出来ると言えるでしょう。

精神的に余裕を持てる

目的達成の為に始めた副業バイトが、今までに経験の無い仕事内容だった場合、覚えることが多かったり、勤務以外でも考える、勉強する。ということが増えてくるでしょう。また、チームワークを求められる仕事内容や、お客様相手の仕事だと、職場の人間関係プラス、お客様への気遣いなど、常に気を張っていなければならなくなります。
副業バイトでこれだけの神経を使っていては、副業バイトが仕事のメインとなり、仕事が慣れている本業の方がサブのような比重になってしまいます。本業に力が入れられなくなるのでは、副業バイトをする意味がありません。
その点、新聞配達の仕事内容は、折り込み広告を新聞に挟む作業と配達が中心なので、他の従業員と話す機会も少なく、配達中も配達先のお客様に会うことが少ないので、ほとんど一人で、自分のペースで仕事を進めることができます。これらの理由から、新聞配達は、本業がどんな内容の方でも副業バイトにしやすい仕事だと言えるのです。

最新記事