新聞配達バイトの面接は身だしなみを整えつつ意気込みをアピールしよう

header_logo

新聞配達バイトの面接は意気込みが重要

目標や意気込み

目標や意気込み

面接で、大切なのは、どんな目標や意気込みを持って来ているのかということです。心にもないことを言うよりも、素直に具体的に、「いついつまでに、いくら貯めたいからです。」「この仕事を通して、こういうスキルを身に付けたいです。」「こういうところが、自分に向いている仕事だと思います。」など、質問されたときに、答えられるように準備しておきましょう。必要以上に、自分を良くみせようとすることは、ありません。自分の思っていることを自分の言葉で正直に伝えましょう。

身だしなみ

第一印象は、とても大切です。かしこまりすぎないまでも、きちんと感、清潔感を出して下さい。髪は、金髪なら自然色に染め直し、ドレッドやアフロなどの髪型も、やめておくほうがよいでしょう。服装は、ビジネススーツまでは必要ないですが、それに近いエリ付きのシャツにジャケットなどが良いでしょう。派手な模様のものややジーンズは避け、清潔なものを身に付けましょう。最近、流行りの香り柔軟剤で、きついのものが増えています。香りがきついのは、印象がよくないので、気を付けましょう。もちろん、香水もです。忘れがちなのは靴です。靴は、素足にサンダル、泥だらけのスニーカーやゴム長靴はやめ、綺麗に磨いた革靴にしましょう。派手でなければスポーツシューズもOKです。前日に、チェックしておきましょう。いつもつけているからとアクセサリーをジャラジャラ付けて行くのも、やめましょう。ピアス、指輪なども忘れず外してください。持ち物は手帳、筆記用具と履歴書。履歴書は封筒に入れて持って行きましょう。

面接の受け方

バイトであろうと正社員であろうと、仕事において一番大事なのは、時間厳守です。特に新聞の配達が仕事ですから、自分でも時間には厳しくしてください。面接の日より前に、面接場所、交通期間、所要時間を調べておきましょう。そして、5分前には到着するようにします。万が一遅れそうになったら、遅れるのが分かったとき、すぐに電話で連絡を入れてください。面接会場に到着したときから、面接は始まっていると思ってください。採用されれば、一緒に働くことになるのですから、採用担当者以外の方への印象も大切です。まず入り口付近にいるスタッフの方に自分から声をかけましょう。「面接に来ました○○と申しますが、採用のご担当の方はいらっしゃいますか?」など、名前と用件を伝えます。話し方は相手の目を見てハキハキとしましょう。慣れ慣れしい態度やタメ口は厳禁です。たとえ、相手が、くだけた態度で接してきても、それにつられることのないように気をつけてください。

最新記事