短時間勤務で高時給が最大の魅力!新聞配達のメリット

header_logo

短時間勤務で高時給!新聞配達バイトのメリット

1回の勤務時間が短い

1回の勤務時間が短い

新聞配達の仕事時間は平均2~3時間と、とても短いです。なので、副業に向いています。販売店や配達員にもよりますが、朝3:00~5:30の間に、配るので、6:00くらいには家に帰れるようです。配り終えると、朝焼けが見られて、気持ち良いのもメリットだそうですよ。配達の後は学校へ行ったり、仕事したり、夜は、小学生のようですが、20:00に眠れば、6時間睡眠も可能です。20:00過ぎって、テレビを観て、ゴロゴロしてるだけの人が多いのではないでしょうか?または、その時間からバイトしている人もいらっしゃいますよね?その時間を睡眠時間にして、早起きすれば良いのです。

高時給で稼げる!

新聞配達は、新聞社により1部月200~300円で、地域より、初心者で100~200部配る契約をすることが多いようです。慣れてくれば、速く多く配れるようになります。1部300円を300部配ると月9万円ですので、時給にすると2時間で1500円の高時給になります。他にも、社員さんが、実際に、その区域を配ってみて、2時間で300部を配り終えることができれば、1日3000円という決め方をしているところもあるそうです。これは慣れてくれば速くなるわけですから、2時間を1時間半にすれば時給は2000円になります。給料の決め方は様々ですが、早朝の2~3時間で月8万円は固いようです。地域差も大きいので、まず、アルバイトの契約をする前に、きちんと確認をしてくださいね。給料ではないですが、他に、販売店によっては寮も完備されていて、奨学金がもらえるところもあります。とても大きなメリットですね。

他にも、体力がついたり、自分のペースで仕事ができるなど。

新聞配達の長期体験者の多くが、体力がついたのがメリットと答えています。早朝から、スクーターを使うにしても、自転車にしても、重い新聞の束を持って歩き回るわけですから、上半身、下半身、共に良いトレーニングになりますよね。朝早くに起きて、走っているのなら、ついでに新聞を配ってみるのも一石二鳥かもしれません。 次に多く言われているのは自分のペースで仕事ができるということです。自分ひとりで、担当をまかされた区域を回るわけですから、自分の好きなタイミングで、ちょこっと5分休憩してなどできるわけです。早朝とはいえ、暑い夏なら、水分補給も大切ですしね。昼休みや休憩時間が決められていて、トイレにも行けないような仕事をしている人や学生さんには、ちょっとした解放感が感じられるかもしれません。

最新記事