新聞配達のデメリットは?雨の日でも風が強い日でも基本的に毎日配達なんです

header_logo

天気次第?新聞配達バイトのデメリット

どんな仕事にも大変なことはある!

どんな仕事にも大変なことはある!

新聞配達バイトに限らず、どんな仕事もいいことばかりじゃありません。当然、つらいこともありますよね。新聞配達バイトは短時間勤務で高時給という副業バイトとしては最高のメリットがあります。その反面、大変なことも、もちろんあります。新聞配達バイトのデメリットを紹介します。体調管理は万全に整えて、本業に支障のない範囲でこなしましょう。無理は禁物です。

雨にも負けず、風にも負けず!

外仕事にはつきものの天候に左右されるというデメリット。新聞配達バイトのつらいところは、雨の日も風の日も雪の日も、台風の日でも、原則、毎日配達しなければならないことです。季節にも左右されます。春や秋の過ごしやすい気温の晴れた日などは、朝夕の配達業務も気持ちよくできますが、そんな日ばかりではありません。真夏の炎天下の下で大量の汗をかきながら配らなければならない日もあります。季節でいえばもっともつらいのは、極寒の真冬でしょう。特に朝刊は、まだ夜も明けきらない深夜の冷え切った空気の中起き出して、配達しなければならないため、慣れるまではかなりきつい仕事になることを覚悟しておきましょう。自転車やバイクで配達する場合、雨の中の配達はなかなかつらいものがあります。どんな天気の日でも、めげずに出勤して配達する精神力が必要です。

体力勝負!健康管理には十分に気をつけて

いくら勤務時間が短いとはいえ、毎日一定のエリアを配達してあるく新聞配達の仕事は、想像以上に体力を使います。自転車やバイク、自動車などを使ったとしても、効率よく配達するためには、歩く距離も増えるでしょう。エリアの地形などによっては、1軒1軒 乗り降りするのではなく、適当なところに止めて、走って配らなければならないエリアもあります。慣れるまでは、足がパンパンに。毎日筋肉痛と戦う羽目になるかもしれません。息切れしてへばっていては、時間内に全て配り終えることもできなくなってしまいます。さらに、寒さや暑さ、雨や風とも戦うことになるため、体の弱い人や体力に自信のない人は、続けられない仕事かもしれません。体力に自信がある人も過信と無理は禁物です。疲れ果てて寝不足の状態で配達にでかければ、事故や怪我などの危険性も高まります。健康管理・体調管理には十分に配慮する必要があります。
せっかく副業で稼ごうと頑張っても、体を壊してしまっては、本業にも支障が出てしまい、全てが台無しになってしまいますよ。

最新記事