新聞配達バイトの仕事内容。朝刊、夕刊

header_logo

新聞配達バイトの朝刊、夕刊。仕事内容は?

新聞配達のお仕事とは

新聞配達のお仕事とは

新聞配達の仕事は、単に新聞を届けるだけと思う人が沢山いると思います。しかし、新聞配達バイトのお仕事は、ただ新聞を配達するだけではありません。毎日のチラシの折り込み作業や、雨の日は新聞が濡れないようにビニール袋をかけるなど、細かい作業がたくさんあります。配達の手段は、徒歩、自転車、バイク、自動車と、自分で選ぶ事が出来ます。自転車、バイクは、新聞店から貸し出しを受ける事も出来ますが、自分で用意しないといけない新聞店もあります。
毎日、決められた時間までに確実に漏れなく新聞を届けることが新聞配達バイトの大切な役割です。そのために、短時間で効率よく作業を進めなければなりません。もちろん、遅刻は厳禁です。

朝刊の配達

朝刊バイトの場合、大体、午前2時半~3時半までに販売店に着くように出勤します。
新聞配達は、それぞれに自分のコースを持っています。販売店につくと、自分が配達をする新聞の部数を数えます。数を間違ってしまうと途中で足りなくなったりしてしまいます。慎重に数え終わったら、その新聞に、チラシを挟んで行きます。この作業、始めた当初は、時間がかかりますが、回数を重ねるごとにだんだん早くできるようになります。ベテランになると、もはや神技とよべるほどのスピードでこなせるそうです。次に、数えた新聞を配る順番に積んでいきます。これは販売店によりますが、単一の新聞を配達する場合には、この作業はありません。何種類かの新聞を配達する場合には、誤配(間違って届けてしまうこと)を防ぐために、配る順に並べます。さらに、雨の日は、新聞が濡れないようにビニールを新聞にかけます。このラッピング作業には、ジョイナーという機械を使います。ここまでの作業を販売店で終わらせ、配達に向かいます。
配達は地区によって違いますが、地図を記憶し、不配、誤配のないように配達していきます。配達時間は平均1~2時間で全てを配り終えます。全て配り終えると、朝刊の配達バイトが終わります。

夕刊の配達

夕刊は午後3時くらいに販売店に集合するのが一般的です。朝刊と違うのは、チラシがない事です。
配達分の数を数え、配達する順番に新聞を積み込みます。あとは、配達をするのですが、早朝と違い、交通量が増えたり、歩行者も多いため、安全に気を付けながら配達しなければなりません。配達が終わると夕刊の配達のバイトが終わります。

最新記事