新聞配達は副業に最適!新聞配達の副業バイトで稼ぐための情報サイトです

header_logo

このサイトについて

このサイトについて

サラリーマンで毎月安定したお給料はあるけれど、今の給料だけでは将来が不安で、もっと貯蓄したいといった人も少なくないでしょう。お小遣いが足りなくて趣味や飲み会に参加することも難しいという人もたくさんいます。そこでオススメしたいのが副業です。今は副業を認める会社も増えてきており副業をしているサラリーマンは意外と多いのです。

サラリーマンの副業条件

サラリーマンである以上、会社に出勤するのは当たり前のことで遅刻などは許されません。また、残業などもあるでしょうからできるだけ短時間で効率良くお金になるアルバイトが良いでしょう。体力的にも精神的にも本業に差し支えないものを選びましょう。もし、バイトリーダーにでもなってしまったら本業以外に抱える責任も増えてしまいます。そのような事態が避けるべきです。

どんな副業があるのか

最近は、ネットを使った副業が人気のようですが、パソコンなどの知識が必要で誰でもできるものではありません。また、株やFXも人気のようですが、豊富な知識が必要なうえ、ギャンブル的な要素も多いためおすすめはできません。
短期的に稼げるアルバイトとしては、覆面調査員や交通量調査員などがありますが、あまりにも単発的すぎて継続的に収入を得るのは難しく、また募集を見つけるのも大変です。

新聞配達こそ副業にピッタリ!

私も今までいろいろな副業にチャレンジしてきましたが、一番副業に向いているのはなんと言っても「新聞配達」です。新聞配達といえば、中高生のアルバイトだと思う人もいるかもしれませんが、実はサラリーマンの副業にもピッタリなのです。さすがに夕刊の配達は本業の就業時間に間に合わないでしょうが、朝刊なら可能です。
ほとんどの新聞配達のアルバイトは、朝刊のみの業務も可能になっています。基本的には午前3時から6時くらいまでに100部ほどの配達を行うことが多いようです。早寝早起にならざるを得ず、規則正しい生活リズムになるというメリットもあります。また、本業があまり体を動かす仕事ではない人は、普段の運動不足解消といったメリットもあり、お金をもらいながらも一石二鳥、三鳥にもなる副業なのです。

副業をするときの注意点

本業の会社で副業を禁止している場合は注意が必要です。就業規則などに記載がある場合は言い訳のしようがなく最悪は解雇される可能性もあります。また、副業による収入が一定金額以上になった場合、自分で確定申告をしなければなりません。そうなると本業の会社にはバレてしまうことになります。
副業を認めている会社に勤めている方は、税金の心配だけしておけば問題ないでしょう。
気になる点はこちらまで(shunbun-bite@hotmail.com
※忙しい時は返信できませんのでご了承ください。

最新記事